映像制作や風評被害対策もできるWEB│快適ネットサービス

自分で作れる

個人が映像制作をする時代

専門分野に特化している会社は多く、映像制作においても大きな会社が行なうということが一般的でしたが、今は個人でも映像制作ができるぐらいになってきています。映像を撮影するためには機材が必要ですがもそれほど高価ではないものも多くありますし、撮った映像を編集するためのソフトも安価に入手出来るのです。中には無料で高機能のものもあるので、今では個人で映像制作をする人も多くなってきているのです。少し前までは趣味で映像制作をする人が多かったのですが、最近では映像制作をビジネスにする人も出てきていて大きなビジネスチャンスともなっているのです。

著作権などの問題がある

個人で映像制作を行なう際は、何でも自由に作って良いということではなく、著作権や公序良俗といったことを考えることも必要です。映像制作をするときには、音声や効果音といったものを借りてきて使うこともあるのですが、このようなものにも著作権といったものがあるのです。映像もですが、音についても著作権はあるのです。そして、公序良俗に反するようなものは作ってはいけません。表現の自由はもちろんありますので、自由な表現は出来るのですが反社会的なものなどはよくないということです。いろいろな映像を作るというのは楽しいものですし、さまざまな映像を見るのもたのしいことですが、許容される範囲もあるということを覚えておきましょう。

Copyright© 2015 映像制作や風評被害対策もできるWEB│快適ネットサービス All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加